停電になっても安心! 太平トレーディングの防災用 「蓄電池」が日本GLP物流施設へ導入決定!

 株式会社太平トレーディング (本社所在地:東京都文京区本郷、代表取締役社長:漆原秀一(以下「太平トレーディング」))の販売する防災用「ポータブル蓄電池」が、大規模災害対策を目的に、2020年2月1日、日本GLP株式会社(本社所在地:東京都港区、代表取締役社長:帖佐義之(以下「日本GLP」))が運営するマルチテナント型物流施設に導入されました。

【防災用「ポータブル蓄電池」導入の背景】
近年、自然災害に伴う停電が頻発しています。2018年「北海道胆振東部地震」では北海道広域の停電が発生。2020年「令和元年台風第15号」では千葉県を中心に大規模停電が発生しました。BCP対策の一環として停電に対する備えが重要になってきています。

日本GLPでは、災害時にも入居テナントが安心できるサービスを提供するため、防災用ポータブル蓄電池「エナジープロ EX(LB-400)」88台をマルチテナント型物流施設17か所に設置しました。入居テナントでは停電時もパソコンやスマートフォンを同時に複数台充電が可能となります。

【防災用ポータブル蓄電池「エナジープロ EX(LB-400)」の特長】
1.室内利用可能
発電機はエンジンの騒音や排気ガスに注意が必要なため、室内で利用できませんが、蓄電池は騒音もなく、空気を汚す心配もないので室内での利用に便利です。

2.軽量かつ大容量でタフな設計
「ポータブル蓄電池(エナジープロ EX)LB-400」はスマートフォン40台をフル充電できる蓄電容量400Whと大容量にもかかわらず、重量はたったの3.4kgと非常に軽量で、持ち運びにも便利です。

3.大手携帯電話キャリア全店に配備・採用される信頼性
信頼性の高いパナソニック製リチウムイオン電池を使用しています。さらに幾重もの保護回路による安全性を考慮した製品です。大手携帯電話キャリア全店に配備されている商品です。

4.つなげっぱなし充電可能
満充電後自動的に充電を停止します。その後自然放電等で電池残量が90%前後になると自動的に再充電を行います。
そのため、つなげっぱなしでもバッテリーに負荷をかけることなく安心してご使用いただけます。

5. 自動切換機能で安心
5mSとUPS(無停電電源装置)相当の自動切換機能が備わっており、本機を介し家庭用コンセントにつないでおくと、停電時に自動で蓄電池からの給電に切替わります。

6. LEDライト搭載
LEDライト付きで停電時に役立ちます。

 

©2020 株式会社太平トレーディング. All Rights Reserved.