東京ドームに紫外線照射装置「エアロシールド」を追加導入 既設・新設トイレにも設置し、さらなる安心・安全を

2021年2月、エアロシールド株式会社(本社:大分県大分市、代表取締役:木原寿彦)が開発、株式会社太平トレーディング(本社:東京都文京区、代表取締役:漆原秀一)が販売する、紫外線照射装置「エアロシールド」が、空気環境対策の一環として東京ドームのトイレ内に追加導入されました。
 
アロシールド式会社より ~空気環境対策を社会のインフラへ~

昨年6月、プロ野球公式戦開幕にあたり選手エリア等に紫外線照射装置「エアロシールド」を設置いただいた東京ドームにおいて、今回新しく既設・新設トイレ内に紫外線照射装置「エアロシールド」を合計39台追加設置いただきました。
人が密集し混雑する東京ドーム内のトイレにおいて観客の皆さまの安心安全を考え、紫外線照射装置「エアロシールド」を導入いただいたことは大変光栄なことと感じています。
エアロシールド株式会社は、紫外線照射装置を様々な空間に普及させ、「空気環境対策が当たり前になる未来」を目指しています。東京ドームに訪れる皆様並びに、スタッフの皆様が安心・安全な環境でご利用いただくため、その環境整備に貢献できることを嬉しく思います。

 

■東京ドーム内追加導入 設置箇所

 

▲新設トイレに設置された紫外線照射装置「エアロシールド」
▲新設トイレに設置された紫外線照射装置「エアロシールド」
▲既設トイレに設置された紫外線照射装置「エアロシールド」
▲既設トイレに設置された紫外線照射装置「エアロシールド」

紫外線照射装置「エアロシールド」 について

紫外線照射装置 「エアロシールド」 について

エアロシールドは紫外線の中でも最も効果が高いとされているUV-Cを室内上部に水平照射し、自然対流により空気が循環することで、人がいる空間でも24時間365日安心・安全に空気環境対策ができる製品です。紫外線照射方式はCDC(米国疾病対策センター)発行の「医療機関における結核菌の伝播予防のためのガイドライン」でも空気環境対策にも有効な空気清浄法として推奨されています。
目には見えないからこそ大切な「空気環境」。人々が安心して過ごせる環境整備はとても重要です。エアロシールド株式会社は「世界の空気をうつくしく」をミッションに「空気環境対策事業」を通して『人々が安心して毎日を過ごせる環境づくり』のお手伝いをしています。

 

©2021 株式会社太平トレーディング. All Rights Reserved.